ジョグジャ行きました① 2022.12

あけましておめでとうございます。

バリ島は大風と豪雨が断続的に続いていますが

大晦日の晩は何とか降らずに

たくさんの花火が上がりました。

2023年は元旦のすぐあと4日がガルンガンで

わたしたちは元旦に大掃除をして2日から連休に入りました。

また、

前回も書きましたので重複しますが

年末には追い込みで

数年来凍結したままだったホームページを全面的にリニューアルしました。

URLは以前と同じです。→ https://ateliermanis.com/

このブログも間もなくHPからご覧いただけるよう

作業をすすめていきますので

今年もどうぞ宜しくお付き合いくださいますよう。

12月のクリスマス直前に

思いついてジャワ中部地域へ久しぶりに行ってきました。

インドネシア政府の社会的活動制限が大分緩んできたので

まだフライト便数は限られ、チケット代金も以前より大分高いのですが

滞在許可の再申請で2か月間パスポートが手元にない時期となることもあり

思い立って2022年の最後にふらりと出かけてみることに。

Img_8334

インドネシア国内線は、かなり眉唾なので(以前2回も乗りそびれてチケットがパーになったことがあり)

搭乗口付近で慎重に待機するも

別のフライトのボーディングがどんどん先に進み

結果的に2.5時間も遅れてのスタート。

理由は不明ながら

機内はやや酸素が足りなくてマスクは外して乗り越える。

あぁ、だからきっとアレですね。機体不調。無事なら万事オッケーです。

今回は

35年来の友人由利ちゃんのお姉さん、まみさんがジョグジャ在住とのことで

初めてご縁がつながったのですが

たまさか空港ピックアップからの同行をお願いしていたため

ものすごぉぉくお待たせしてしまいました。

しかも。

空港が市内から1時間半という僻地に移転していたことを知らずにいたため、、

Img_8347

ジョグジャの街に着いたらもう暗い!!

ささっと夕ご飯してもうとっぷり夜なんだけど

そこからさらに1時間のボロブドゥール遺跡の近くにあるまみさんのご自宅まで行き

夜更けにかけてバティックを見せていただくという。

あぁ、まみさん、ほんとに布人なんですね。

同じ国にいながらどうして今まで交流が無かったのかが不思議すぎる。

その日は息子さんが経営するお宿に泊まり

「宿の中にギャラリーもあるから。明日7時半にまた来るね」って。

深夜に別れました。

しちじはん、、マジ??

Img_8353

ところが朝に弱い自分、この日に限って6時45分にガバっと起きるではないですか。

そういえば、バリとは1時間の時差がある。

7時にキンコン、ラインメッセージ。

「今からシャワーして行くね!」

「はい!!」

猛然気合入っちゃいながらもまずは

中部ジャワ原産のコーヒーとナシゴレンをいただいてから

ギャラリーを拝見したのですが。

結果からしてコーヒー飲んでた時間が悔やまれる。

なんで7時半なのかが後から分かった。

Img_8357

私が撮ったスマホの写真がひどくて残念なのですが

下のような感じの100年以上前の古渡インド更紗をはじめ

金箔のソンケットや

ジャワ産の極上バティックがさりげなく積まれていて

(そこらへんから安く集めたものではなく様々なコレクターさんを経て手に入れたもの多し)

…圧巻でした。

Img_8363

響いたのは、

それらが価値だけに基づいて集められているのではなく

直観的な美しさ、一人の目線によってえらばれたものだからかもしれない。

9時出発の次への予定先にこれまた大幅に遅れてしまう。

出直し決定な朝でした。

続きます!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です